ヒャッキン

このところ「おまへは百均の回し者か」と言われそうなくらい、よくダイソーやセリアへ行く。この二店の場合、どちらかというとセリアの方が好き。でも、自分の行動範囲だと、ダイソーは車で行きやすい大型店がわりと近くにあるけれど、セリアはちと遠く、しかも車で行けないうえにさほど大きい店ではないので、頻度としてはダイソーへ行くことの方が多い。

セリアが好きな理由は、簡単にいうと二つほどある。ひとつは、100均でよく買う『収納』モノが、オサレっぽいこと。もうひとつは、何を手に取っても『108円』という値段が統一された安心感。ダイソーは小刻みにいろいろな値段がついているので、高いとか安いとかはひとまず置いておくとしても「これはいくらだ?」とつい無意識に「値札を確認してしまう」という行為が若干面倒臭い。というかダイソーは既にちとオサレっぽい雑貨等には当たり前のように200円や300円の値札がついているイメージがある。

それはともかく、最近いろいろ買っていて、セリアで「これはヒットだわ」と個人的に思ったのが、まあ今更感があるだろうけれど、ひとつは『伸びる靴紐』。コンバースのハイカットがこれによって劇的に履きやすくなり、その結果、履く頻度が増した。ダイソーにも似たようなものがあるけれど、触ってみた感じではセリアの方がよく伸びて具合が良さそう。もうひとつは、ベタだけれど『プレンティボックス』。イケアのボックスの方が丈夫で安いけれど、このセリアの箱も悪くない。ダイソーにも同じようなものがあるけれど、ちと作りが雑だし、デザインのオサレ感でセリアに劣る。とはいえダイソーでも、ざっくりとモノを突っ込んでおける大きなペーパーストックバッグや布製のストレージボックスは、かなり良い。つか断捨離を始めて以来いろいろ収納を見直しているので、とにかく百均の収納グッズは安くて重宝している。あと、収納とは全然関係ないけれど、百均の粘着タイプの綿棒というか耳かきを使い出したら、もう普通の耳かきには戻れなくなった。

ところでダイソーといえば、どうでもいいことかもしれないけれど、どうしても気になるのが発音。店内の放送だと『イ』を強く発音する『大層』みたいな呼び方をしているけれど、自分で呼ぶときは『代走』みたいなイントネーションになる。というか会社の名前が『大創産業』なのだから『代走』的な発音の方が正しい気がするのだけれど、店内放送は頑なに『大層』的。もっとも屋号は『ダイソウ』ではなく『ダイソー』だから、その『ー』の部分にこだわりがあるのかもしれない。だとしても、個人的にはどうしても『代走』的にしか呼べない。

発音というと、関係ないけどよく俎上に載せられるのが『B’z』だけれど、これはアクセサリー作りとかに使う『ビーズ』ではなく、麻雀の『索子』みたいな発音をする人が多い。